面接の事前準備について

面接と逆質問について

面接というのは緊張することの一つであり、できれば受けたくないという人は多いです。しかし転職や就職など職に就く際には面接を避けることはできません。面接時には、一般的なマナーが出来ているというのは当然のことです。それ以外に他の人との差をつけるポイントとしては、逆質問です。面接の最後には、面接官から質問はないかと問われることが多いです。その際に、どういった質問をするのかによって他の人との差をつけることができます。間違っても、質問がないと答えてはいけません。質問がないというと、入社したい意欲があまりないのではないかと面接官に感じさせてしまうので、好印象につながるとはいえません。

面接時の逆質問には注意しておかなくてはならない点がいくつかあります。まず第一に、質問がないというのはよくないという点です。これは当たり前のことですが、だからといってなんでも良いので質問をすれば良いというものでもありません。会社のホームページなどを見たらわかるような内容の質問をするのもよくありません。会社について調べていないということは、あまりその会社に興味がないということを自らアピールしてしまうことになります。質問内容の良し悪しは採用にも大きく影響してきます。

Copyright (C)2017面接の事前準備について.All rights reserved.